2007年8月 6日 (月)

VistaからRT57i/58iへのPPTP接続が失敗する

# 久々の更新です。

Windows Vistaを用意して仕事環境を作り始めていますが、まだXPをメインで使っています。Vistaへの移行のため色々調査していますが今日は下記の問題が発生しました。

[現象]

YAMAHA RT57iに対してWindows VistaからPPTP接続を試みるが、失敗する。
Windows XPから接続した場合は問題ない。

[理由]

Windows VistaからPPTPにおける認証プロトコル「MS-CHAP」が廃止された。
認証プロトコル「MS-CHAP v2」で接続する必要があるが、RT57i/RT58iのかんたん設定では「MS-CHAP」がデフォルトで設定されるため、接続に失敗する。

[対策]

RT57i/58iのかんたん設定画面からPPTPの認証プロトコルを変更することはできない。
telnetでRTにログインし、以下の設定を変更。

pp auth request mschap -> pp auth request mschap-v2

[備考]

RT側の認証プロトコルを「MS-CHAP v2」に変更してもWindows XP/2000からも問題なく接続できる。
Windows側で明示的に認証プロトコルを絞っている場合は、「MS-CHAP v2」を有効にする必要がある。

ということで、メンテナンスのためにお客さんのところに設置したルータの設定をすべて変更し終わるまではVistaに移行できないことがわかりました :-)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月 8日 (木)

Windows XP/2003向けのJIS2004フォントとVista向けのJIS90フォント

マイクロソフトのWebサイトでWindows XPとWindows Server 2003向けに、JIS2004対応のMSゴシック/明朝フォントが提供されています。

Windows XP及びWindows Server 2003では従来からのJIS90互換の日本語フォントが使われていましたが、Windows VistaからはJIS2004に変更になっています。このためVistaでは使える文字が増えていますが、中には文字のデザインが変更になったものもあります。

そこで上記URLからは、以下のフォントがダウンロードできます。

  1. XP/2003向けのJIS2004対応日本語フォント
  2. Vista向けのJIS90対応日本語フォント

つまり、旧環境においてもVistaと同じ漢字体系(JIS2004)を使用する場合は前者を選択できます。後者は、Vistaを導入するものの、まだJIS2004では問題がある場合の選択肢です。

個人でのWindows Vistaの利用ではまず問題にならないと思いますが、業務でWindowsを使用している場合、特に個人情報を扱っている業務では氏名の表記がJIS90とJIS2004では異なる場合がありますので注意が必要です。従って導入前に慎重な検討、検証が必要です。

なお、Windows Vistaで初めて搭載された日本語クリアタイプフォントのメイリオですが、Windows XP用も提供されると以前耳にした記憶がありますが、上記URLではまだ(?)のようです。

追記2007.02.26 はらみずさんの情報によると、XP向けのメイリオ提供の話はどうやら私の誤解のようです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年2月 7日 (水)

Windows Vista アップグレード版でのクリーインストール

PC Watchに面白い記事がありました。

Windows XPまでの「アップグレード版」パッケージでは、既にインストールされている旧OSからの上書きアップグレードと、一旦HDDをフォーマットして新規にOSをインストールする「クリーンインストール」の2種類のアップグレード方法がありました。もちろん後者の場合、ライセンスの関係上、インストール途中で旧OSのメディアを確認するステップがありました。

ところがWindows Vistaでは「クリーンインストール」の概念が変わっています。この記事のよると、自分でWindows Vistaをインストールする場合、以下の方法が提供されています。

(1)DVD起動からのクリーンインストール
(2)旧OSからのクリーンインストール(新クリーンインストール)
(3)アップグレードインストール

アップグレード版のパッケージでは(1)の方法は提供されていません。(3)は従来通りの上書きアップグレードです。(2)がWindows Vistaで新しく提供されたアップグレード・クリーンインストールです。

どうやら(2)の方法では、既にインストールされている旧OSのWindowsフォルダとProgram Filesフォルダ等をWindows.oldというフォルダに待避させ、その後に新規でWindows Vistaをインストールするらしいのです。この辺り、従来のWindowsインストールとは勝手が変わっているので注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Vista 製品ガイド

# 本業が多忙で更新が滞っていました :-)

マイクロソフトのサイトからWindows Vistaの製品ガイドがダウンロードできます。

かなりボリュームのある資料ですが、一度目を通しておくとよいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)