2007年5月10日 (木)

svchost.exeがCPU使用率100%になってしまう問題

2007年5月のマイクロソフト月例パッチの配布が始まった直後から、Winodws XPで動きが遅くなり、調べてみるとsvchost.exeプロセスがCPU使用率100%近くになってしまう現象が私のところで発生しています。また、多くの方から報告も受けています。ただし必ずしも発生するわけではありません。

そこで「とりあえず」の回避策としては、コンピュータの自動更新を無効にする方法があります。(ただし後述しますがこの方法にも問題があります)

  1. タスクマネージャでCPU使用率100%のsvchost.exeを強制終了させる。
  2. コントロールパネルの「自動更新」アプレットを起動し、自動更新を無効にする。

上記の操作で「とりあえず」現象を回避することができましたが、手動でWindows Updateを実行するとまた同じ症状になってしまいます。よってこのままでは今月の月例パッチを適用することが出来ません。

そこでいろいろ調査してみたのですが、今回(2007年5月)のいわゆる月例パッチには、Windowsのアップデートだけでなく、Officeのアップデートも含まれていました。私のところで現象が発生しているPCでは、名前こそ「Windows Update」ですが、実際には「Microsoft Update」にアップデート済みのため、Officeの更新も同時に行う仕様になっています。

そこで前述の「とりあえず」の回避策の後、以下の操作を行ってみました。

  1. Windows Updateサイトに接続。ただしアップデートは行わない。
  2. タイトルがMicrosoft Updateになっていることを確認。
  3. 設定のリンクからWindows Updateへの変更を行う。
  4. コントロールパネルの「自動更新」アプレットを起動し、自動更新を有効に戻す。

この方法で今のところ件の現象の発生を抑えることに成功しているようです。目論見通り自動更新が有効になった「Windows Update」はWindowsの更新パッチにみ自動的にダウンロードを始めました。

ただし根本的な解決とはいえませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

更新プログラム918899適用後IE6 SP1が予期せず終了する問題

2006年8月9日にMicrosoft Updateで配布が始まった一連の修正プログラムのうち、更新プログラム918899を適用したPCでInternet Explorer (IE) が予期せずに終了する問題が発生しています。この現象が発生するOS及びIEは以下の組み合わせです。

  • Windows XP SP1 または Windows2000 SP4
  • 上記のOSで Internet Explorer 6 SP1

具体的にはHTTP 1.1プロトコルと圧縮を使用しているWebを参照するとIEが「こける」ようで、YouTubeを参照しようとしたら現象が発生したとの報告も受けています。

この問題についてマイクロソフトもサポート情報(KB)を公開しています。

またITProの情報によると8月22日には対策版の更新プログラムが公開されるとのことです。

それまでの対応策ですが、Windows XPの場合はSP2を適用する方法もありますが、Windows2000の場合致命的です。先のKBに記載のあるように、しばらくはIE側でHTTP 1.1プロトコルの使用を無効にするか、あまりお勧めできませんが該当更新プログラムをアンインストールして8月22日を待つしかないようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

独立行政法人情報通信研究機構(NICT)が日本標準時配信サービス開始(NTP)

独立行政法人情報通信研究機構(NICT)
平成18年6月12日の報道発表
http://www2.nict.go.jp/pub/whatsnew/press/h18/060612-1/060612-1.html

NICTがNTPサービスを開始しました。

ドメインに参加していない(ワークグループ)Windows XPの場合、タスクトレイの右隅にある時刻表示をダブルクリックして表示される「日付と時刻のプロパティ」画面で上記NTPサーバを設定することができます。ちなみに企業等でドメインに参加している場合、ドメインコントローラが代表して時刻を同期し、ドメイン内のPCもそれに従うことになるため個々のPCでNTPサーバを設定する必要はありません。

NICTの発表によると毎秒100万アクセス以上の性能を誇るNTPサーバだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

Windows 防御ツール(Beta 2)

英語版でWindows Defenderと呼ばれているMicrosoftのいわゆるアンチスパイウェア「Windows 防御ツール」(日本語版)のベータバージョンのダウンロードが始まりました。

ベータ版につき、サポートもなく、まだ問題もあるかもしれませんので興味のある方は自己責任でインストールしてください。今まで英語版のベータを使っていた場合は、インストール前に英語版のアンインストールが必要です。

公開されているFAQによると、このベータバージョンをインストールすることのできるOSは以下の通りです。

  • Windows 2000 SP4以降
  • Windows XP SP2以降
  • Windows Server 2003 SP1以降

さらにWindows Vistaには標準で搭載される機能となり、Windows 防御ツールの正式版登場時には、上記OSの正規ユーザであれば正式版をダウンロードして無償で使用することが可能になるそうです。

起動画面

スパイウェアとは何か?についてはここに詳しくまとめられていますのでご参考までに。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月11日 (木)

イベントビューアで壊れて開けないログを削除する方法

# IRCでDev嬢が困っていたので調べました。

Windowsのイベントビューアで、壊れて開くことのできないログがある場合、これを削除するKBは以下の通りです。

イベントビューアで表示される各種ログは以下のフォルダに拡張子.Evtのファイルとして保存されています。

%SystemRoot%\System32\config

イベントログはイベントビューアで表示されるのと同じ分類単位で保存されており、「アプリケーション」であればファイル名は"AppEvent.Evt"、「システム」は"SysEvent.Evt"といった具合です。

例えば「アプリケーション」ログが壊れているようで、これを削除して新しくログファイルを作成したい場合、"AppEvent.Evt"を削除(安全のためにリネームをお勧めします)すべきなのでしょうが、Event Logサービスがこのファイルを「握って」いるため削除することができません。こういう場合はEvent Logサービスを停止させればOKだと思うのが普通ですが、何とEvent Logサービスを停止することができません。


Event Logサービスは停止することができない

そこで前述のKBの登場です。Event Logサービスは停止することはできませんが、スタートアップの種類を「無効」にすることが可能です。以下に手順をまとめます。イベントログには有用な情報が格納されています。この記事はむやみに削除することを推奨するものではありません。自己責任でお願いします。

  1. Event Logサービスのスタートアップを「無効」にする。
  2. Windowsを再起動。
  3. ログファイルを削除(リネーム)する。
  4. Event Logサービスのスタートアップを「自動」に戻す。
  5. Event Logサービスを「開始」する。

以上の手順で新しいログファイルが作成され、イベントビューアで正常にログを開くことができることを確認しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

AD環境にアプライアンスサーバを設置する場合の注意点

最近私がActive Directoryを構築したお客さんのところに、アプライアンスサーバ(以下ASと省略)を設置する業者さんがいます。このASはメールやグループウェアとファイアウォールを兼ねたすばらしい製品ですので積極的に販売していただくのは構わないのですが、設置の際のネットワーク変更でお客さんがかなり困っています。というか、その苦情が私のところに寄せられて、私が困ってます。すでにこの件で数カ所のお客さんの対応をしました。

そこで一般的なActive Directory環境にASを設置する際の注意点をまとめます。

# ASを販売している業者さんがこのblogを見てくれればいいのだが...。

[Active Directory導入時]
ごくごくシンプルなActive Directory環境です。

Windows Server 2003をドメインコントローラとして構築し、DNSサーバサービスとDHCPサービスを提供します。一般的なブロードバンドルータにはDHCPサービス機能がデフォルト状態でオンになっていますが、Active Directory環境ではルータのDHCPサービスをオフにし、Windowsサーバ側でDHCPサービスを提供するのが一般的です。

DNSサーバはActive Directoryでは必須です。一方、一般的なブロードバンドルータもDNSサーバになることができますが、DHCPを通じてクライアントPCに設定するDNSサーバのアドレスは、あくまでもWindowsサーバ上のDNSサーバを指定します。WindowsサーバのDNSサーバサービスは、Dynamic DNS(DDNS)サービスに対応しているため、毎回IPアドレスが変わる可能性のあるDHCP環境下でも適切にPC名(ホスト名)とIPアドレスとの間の、いわゆる「名前解決」ができるからです。

私がお客さんのところで構築したActive Directory環境は、以上のようにシンプルなLANだったのですが、ここにASが組み込まれることによって問題が発生します。

[Appliance Server導入後]

お客さんから「クライアントPCから共有フォルダを開こうとすると、かなりの時間(数十秒)が掛かる」との連絡を受け、現場を訪ねると、前の図にあったブロードバンドルータが撤去され、代わりに同じIPアドレスに設定されたASが設置されていました。このASはメールやグループウェアとファイアウォール機能まで兼ねた高機能専業サーバです。

クライアントPCのネットワーク設定を確認(ipconfig /all)すると、DHCPサービスがWindowsサーバではなく、ASから提供されていることがわかりました。Windowsサーバ側を確認してみると、ご丁寧にもDHCPサービス本体が削除されていました...。

また、DHCPサービス経由でクライアントPCに設定されるDNSサーバのIPアドレスもASを参照するようになっていました。実はこれが「クライアントPCから共有フォルダを開こうとすると、かなりの時間(数十秒)が掛かる」ようになった原因です。

Active Directoryのない、いわゆるワークグループ環境ではこの設定で問題は発生しません。逆にActive Directory環境では因果応報ともいえる現象です。

Active Directory環境下で、クライアントPCが共有フォルダにアクセスする際、共有フォルダのアクセス権はドメインコントローラであるWindowsサーバが握っています。このときドメインコントローラはホスト名とログオンユーザ名をもとに適切なアクセス権を提供しますが、クライアントPCはWindowsサーバ上のDNSサーバを使わず、AS側のDNSサーバを利用しているため、適切にDDNS機能が働いていません。つまり、Windowsサーバ上のDNSサービスはクライアントPCの名前解決を出来ない状態なのです。このため名前解決に非常に時間が掛かります。最終的にはブロードキャストというレガシーな方法を使うのだと思われますが、とにかく共有フォルダをクリックして開くまでにかなりの時間を要します。それと、毎朝の作業なので気付いていないかもしれませんが、クライアントPC起動後のドメインログオンにもかなりの時間が掛かっているはずです。イベントビューアは真っ赤です。

[解決案]
そこで対策として、AS側のDHCPサービスを停止し、Windowsサーバにもう一度DHCPサーバサービスをインストールし、これを有効にしました。さらに、DHCPオプションとしてクライアントPCに渡すDNSサーバのアドレスを当初の設定通りWindowsサーバのIPアドレスにします。

WindowsサーバのDNSサービスにも手を加えました。せっかくASがインターネット側のDNSサーバの役割(おそらくキャッシュサーバ)をしてくれているので、WindowsサーバのDNSにフォワーディングの設定を行いました。これにより、今後はLAN内の名前解決はWindowsサーバが行い、Windowsサーバが名前解決に失敗した場合(主にインターネット上のホストへの名前解決)はASが名前解決を行ってくれるようになります。

この設定を行うと、というか当初の設定とほとんど変わりませんが、無事クライアントPCはスムースにドメインログオンできるようになり、共有フォルダへのアクセスもすんなり行えるようになりました。

アプライアンスサーバの設定マニュアルを見ると、Windowsネットワークがワークグループのときの設定例しか掲載されていませんでした。Active Directoryのようなドメイン環境下では、管理者なりSIerがきっちりとした設計のもと、導入しろというのが道理だと思います。

# たぶんこのblogを見ていない、ASの販売業者さん
# 世の中広いので、いろいろ勉強してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

自動でメールを受信したらFAXに転送する方法

知り合いから「自動でメールを受信したらFAXに転送する方法はないか?」との質問があったので考えてみました。ちなみに逆の流れ、つまり「自動でFAXを受信したらメールに転送する」方法は市販のFAXソフト、例えばSTARFAXまいと~くの標準機能で簡単に実現できます。

まずプログラマとして考えると、先ほどの市販ソフトには開発キットも提供されている(STARFAX, まいと~く)ので独自にプログラムを作るのも早そうですが、Outlookを使って実験に成功したので紹介します。これだとプログラムを作る必要もないし、Outlookならあるでしょ?

 

続きを読む "自動でメールを受信したらFAXに転送する方法"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

Windows XP ホームエディションでの共有フォルダ

仕事でWindows XP ホームエディションを初めて触りました :-o) 仕事でも自宅でも、どちらでもWindows XP Professionalを使っているもので、そういえば今頃になってホームエディションデビューした次第です。以下メモ書きです。

  1. Administratorでローカルログオンできない

    噂には聞いていましたが(苦笑)、できません。セーフモードであれば可能なようです。

  2. ローカルセキュリティポリシーを触れない

    きっとローカルセキュリティポリシーを変更すればAdministratorでローカルログオンできるようになるだろうとのんきに構えていたのですが、ホームエディションには「ローカルセキュリティポリシー」そのものがそもそも存在しないようです。

  3. 簡易ファイル共有をOFFにできない

    このため、HDDがNTFSフォーマットであっても、例えAdministratorsなユーザがログオンしてもファイルやフォルダのセキュリティを変更することはできません。また、フォルダの共有はできますが、「読み取り」か「読み書き」のいずれかしか選択できません。ユーザ単位での共有アクセス設定ができないようです。

  4. ゲストアカウントを無効にしても、共有フォルダへのアクセスはゲストアカウント

    理解に苦しみますが、コントロールパネルにある「ユーザアカウント」でGuestアカウントを無効にしても(SP2以降はデフォルトで無効)、共有フォルダを作成すると表面上はGuestアカウント無効のままですが、ネットワークから共有フォルダへはGuestとしてアクセスできます。ローカルログオンが禁止されている、と理解すればいいのでしょうか。

  5. 管理共有は作成できるがアクセスできない

    C$のような管理共有は作成できますが、Administratorsグループのユーザであってもアクセスはできないようです。(だからといって普通の共有をルートに作らないこと!)

その他、色々(今更ながら)気づいた点が多いのですが、やはり仕事で使うには少し困りものですね。使用でもセキュリティ設定がゼロな野良無線LANが家にあって、そこにWindows XP ホームエディションが...と思うと怖くて使えません。Windows Firewallバンザイですね。ホームエディションを使う場合はフォルダを共有するのをやめて、流行のUSBメモリでファイルの交換をするのがベストかと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月23日 (木)

Outlookのメール関連TIPS 2個

昔のblogにも書いたのですが、今日も質問があったのでもう一度まとめておきます。(以下で説明するOutlookはMicrosoft Officeに含まれるOutlookのことです。Windows標準のOutlook Expressのことではありません)

(注意) 以下の内容にはレジストリの編集を必要とする情報が記載されています。万一の場合に備えてレジストリのバックアップをとり、復元方法を理解した上で操作してください。あくまでも自己責任でお願いします。

  1. 拡張子が".EXE"タイプの添付ファイルを開くことができない

    最近のOutlookでは安全でないと思われる(クリックするだけで実行できる)添付ファイルをブロックするようになっています。これはメールに添付されたワーム型のウイルス感染を防ぐための機能です。このため拡張子".EXE"などの実行形式ファイルやマクロファイルなどは添付ファイルを保存することすらできません。ただ、自己解凍形式の圧縮ファイルが仕事で送られてきた場合など、どうしても拡張子".EXE"な添付ファイルをメールから取り出したい場合もあります。この問題についてのKBが以下です。

    Microsoft Outlook で添付ファイルを開くことができない(KB829982)
    http://support.microsoft.com/kb/829982/ja

    ただし、この操作を行うことによってメールに添付されたウイルスに感染する可能性が高まります。従ってお勧めすることはできません。メール送信者に別のファイル形式、例えばZIPやLHAで圧縮したファイルとして再送信してもらうのがベストでしょう。

  2. メール作成時に、等幅フォントを選択しているにもかかわらず、半角でArialフォントが使われてしまう

    Outlookのデフォルト状態でメールを作成しようとするとHTMLメールになってしまいます。そこで多くの方がテキスト形式に変更して使用されていることと思います。ところで、日本語のテキストメールにも作法があって、1行の改行文字数とかマナーがいろいろうるさくて、標準で指定されているプロポーショナルフォント(MS Pゴシック)では不都合な場合が多く、私も等幅フォント(MS ゴシック)に変更してメールを書いています。しかし、いくら等幅フォントを使用していても、半角英数を入力したときに強制的にArialフォントにされてしまう場合があります。こうなると等幅フォントとプロポーショナルフォントが混在してしまい、これはこれで書き辛いものです。(もちろんテキストメールですから、送信されてしまえばフォントなど関係ありません)この問題についてのKBが以下です。

    [OL2002] 半角英数字の入力時に フォントが Arial で表示される(KB414804)
    http://support.microsoft.com/kb/414804/ja

    上記のKBではOutlook2002について記述されていますが、Outlook2003でも以下のポイントを押さえれば内容的に同じです。

    Outlook2002のアップデートを適用する件がありますが、Outlook2003では不要です。
    レジストリのキーを表す表現にOutlook2002のバージョンである「10.0」というサブキーがありますが、Outlook2003ではこれが「11.0」になります。

Outlookが少し(だけ?)使いやすくなると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

Excelで複数シートを選択して失敗

年度末は何かと忙しくて、資料作成にExcelが大活躍です。でも、私はExcelで表を作るのが精一杯でExcelマスタな方の足下にも及びません。そして今日大失敗しました...。以下、再現です。

Excelでワークブックを新規作成します。ワークブックには標準で3つのシートができるので、Sheet1, Sheet2, Sheet3のA1セルに、それぞれ異なる値を入力してみます。例えば、「アサヒ」、「サントリー」、「サッポロ」のように。

Image1

この状態で印刷しようとすると、アクティブなシートしか印刷してくれないので、3つのシートを一度に連続して印刷できるように、Ctrlキーを押しながらシート下のシート名タグを選択します。

Image2

実はこの方法、最近気づいた(!)私のお気に入りテクニックのひとつだったのですが、この状態で私はSheet1のA1セルの内容が間違っていることに気づきました。ここには「アサヒ」ではなく、「キリン」とすべきだったのです。私は何の躊躇もなくそうしました。

Image3

するとどうでしょう。3つのセルを選択してので、すべてのシートのA1セルが「キリン」に置き換わってしましました。

もちろんこれはExcelの仕様だと思いますが、その機能を知らずに20以上シートのあるワークブックでこの操作をした私には後の祭りでした...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)