« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月24日 (金)

Windows XP ホームエディションでの共有フォルダ

仕事でWindows XP ホームエディションを初めて触りました :-o) 仕事でも自宅でも、どちらでもWindows XP Professionalを使っているもので、そういえば今頃になってホームエディションデビューした次第です。以下メモ書きです。

  1. Administratorでローカルログオンできない

    噂には聞いていましたが(苦笑)、できません。セーフモードであれば可能なようです。

  2. ローカルセキュリティポリシーを触れない

    きっとローカルセキュリティポリシーを変更すればAdministratorでローカルログオンできるようになるだろうとのんきに構えていたのですが、ホームエディションには「ローカルセキュリティポリシー」そのものがそもそも存在しないようです。

  3. 簡易ファイル共有をOFFにできない

    このため、HDDがNTFSフォーマットであっても、例えAdministratorsなユーザがログオンしてもファイルやフォルダのセキュリティを変更することはできません。また、フォルダの共有はできますが、「読み取り」か「読み書き」のいずれかしか選択できません。ユーザ単位での共有アクセス設定ができないようです。

  4. ゲストアカウントを無効にしても、共有フォルダへのアクセスはゲストアカウント

    理解に苦しみますが、コントロールパネルにある「ユーザアカウント」でGuestアカウントを無効にしても(SP2以降はデフォルトで無効)、共有フォルダを作成すると表面上はGuestアカウント無効のままですが、ネットワークから共有フォルダへはGuestとしてアクセスできます。ローカルログオンが禁止されている、と理解すればいいのでしょうか。

  5. 管理共有は作成できるがアクセスできない

    C$のような管理共有は作成できますが、Administratorsグループのユーザであってもアクセスはできないようです。(だからといって普通の共有をルートに作らないこと!)

その他、色々(今更ながら)気づいた点が多いのですが、やはり仕事で使うには少し困りものですね。使用でもセキュリティ設定がゼロな野良無線LANが家にあって、そこにWindows XP ホームエディションが...と思うと怖くて使えません。Windows Firewallバンザイですね。ホームエディションを使う場合はフォルダを共有するのをやめて、流行のUSBメモリでファイルの交換をするのがベストかと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月23日 (木)

Outlookのメール関連TIPS 2個

昔のblogにも書いたのですが、今日も質問があったのでもう一度まとめておきます。(以下で説明するOutlookはMicrosoft Officeに含まれるOutlookのことです。Windows標準のOutlook Expressのことではありません)

(注意) 以下の内容にはレジストリの編集を必要とする情報が記載されています。万一の場合に備えてレジストリのバックアップをとり、復元方法を理解した上で操作してください。あくまでも自己責任でお願いします。

  1. 拡張子が".EXE"タイプの添付ファイルを開くことができない

    最近のOutlookでは安全でないと思われる(クリックするだけで実行できる)添付ファイルをブロックするようになっています。これはメールに添付されたワーム型のウイルス感染を防ぐための機能です。このため拡張子".EXE"などの実行形式ファイルやマクロファイルなどは添付ファイルを保存することすらできません。ただ、自己解凍形式の圧縮ファイルが仕事で送られてきた場合など、どうしても拡張子".EXE"な添付ファイルをメールから取り出したい場合もあります。この問題についてのKBが以下です。

    Microsoft Outlook で添付ファイルを開くことができない(KB829982)
    http://support.microsoft.com/kb/829982/ja

    ただし、この操作を行うことによってメールに添付されたウイルスに感染する可能性が高まります。従ってお勧めすることはできません。メール送信者に別のファイル形式、例えばZIPやLHAで圧縮したファイルとして再送信してもらうのがベストでしょう。

  2. メール作成時に、等幅フォントを選択しているにもかかわらず、半角でArialフォントが使われてしまう

    Outlookのデフォルト状態でメールを作成しようとするとHTMLメールになってしまいます。そこで多くの方がテキスト形式に変更して使用されていることと思います。ところで、日本語のテキストメールにも作法があって、1行の改行文字数とかマナーがいろいろうるさくて、標準で指定されているプロポーショナルフォント(MS Pゴシック)では不都合な場合が多く、私も等幅フォント(MS ゴシック)に変更してメールを書いています。しかし、いくら等幅フォントを使用していても、半角英数を入力したときに強制的にArialフォントにされてしまう場合があります。こうなると等幅フォントとプロポーショナルフォントが混在してしまい、これはこれで書き辛いものです。(もちろんテキストメールですから、送信されてしまえばフォントなど関係ありません)この問題についてのKBが以下です。

    [OL2002] 半角英数字の入力時に フォントが Arial で表示される(KB414804)
    http://support.microsoft.com/kb/414804/ja

    上記のKBではOutlook2002について記述されていますが、Outlook2003でも以下のポイントを押さえれば内容的に同じです。

    Outlook2002のアップデートを適用する件がありますが、Outlook2003では不要です。
    レジストリのキーを表す表現にOutlook2002のバージョンである「10.0」というサブキーがありますが、Outlook2003ではこれが「11.0」になります。

Outlookが少し(だけ?)使いやすくなると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

Excelで複数シートを選択して失敗

年度末は何かと忙しくて、資料作成にExcelが大活躍です。でも、私はExcelで表を作るのが精一杯でExcelマスタな方の足下にも及びません。そして今日大失敗しました...。以下、再現です。

Excelでワークブックを新規作成します。ワークブックには標準で3つのシートができるので、Sheet1, Sheet2, Sheet3のA1セルに、それぞれ異なる値を入力してみます。例えば、「アサヒ」、「サントリー」、「サッポロ」のように。

Image1

この状態で印刷しようとすると、アクティブなシートしか印刷してくれないので、3つのシートを一度に連続して印刷できるように、Ctrlキーを押しながらシート下のシート名タグを選択します。

Image2

実はこの方法、最近気づいた(!)私のお気に入りテクニックのひとつだったのですが、この状態で私はSheet1のA1セルの内容が間違っていることに気づきました。ここには「アサヒ」ではなく、「キリン」とすべきだったのです。私は何の躊躇もなくそうしました。

Image3

するとどうでしょう。3つのセルを選択してので、すべてのシートのA1セルが「キリン」に置き換わってしましました。

もちろんこれはExcelの仕様だと思いますが、その機能を知らずに20以上シートのあるワークブックでこの操作をした私には後の祭りでした...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

リモートデスクトップ先にCTRL+ALT+DELETEを送信する方法

Windows XP標準のリモートデスクトップで接続したホストPCに対してCTRL+ALT+DELETEを送信するには、

CTRL + ALT + END

をゲストPCから押せばよい。miyaぽ、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

DD、W-ZERO3の単体発売開始!

つい先日DDの単体発売希望のblogを書いたばかりですが、その夢が叶いました!

ウィルコム、直販サイトで「W-ZERO3」「DD」の単体販売開始
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/28125.html

ウィルコムの直販サイト限定のようですが、既存のW-SIMユーザのためにDDの単体販売が開始されました。同時にW-ZERO3のW-SIMなし単体も発売が開始され、こちらは販売店でも発売される予定だそうです。

私も、そして前回コメントいただいたかいさんもウィルコムのサポートへ「DDを単品で売ってくれ」と頼んでいたわけですが、無視できないくらい多くのユーザから要望があったんでしょうね。もちろん、これがW-SIMを採用した新しいウィルコムの魅力でもあるわけです。

ありがとうウィルコム!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

ウィルコムよ、DDをW-SIMなしで売ってください!

何やら福岡でPHSの普及促進団体PHS MoU Groupが総会を行っているようです。その中でウィルコムがW-SIMの魅力をアピールしているそうです。

ウィルコム、PHS MoU総会でW-SIMの魅力を世界にアピール(ケータイWatch)
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/28051.html

この中に次のような一節があります。

さらにユーザー側のメリットして、ウィークデーはPDA型ジャケットを利用し、週末はシンプルな音声端末型ジャケットを使い分けることもできるというコンセプトを紹介。さらにTTやDD、W-ZERO3などすでに日本で発売されているW-SIM製品も紹介した。その中で藤井氏は「通常のケータイは開発に1年くらいかかる。しかしW-ZERO3は6カ月で開発を行なえた」と語り、W-SIMが端末開発に有利なことをアピールした。

でも、ですよ。PCMCIAカード型Air-EdgeからW-ZERO3に機種変更した私に、ウィルコムは「DDのW-SIM」なしを売ってはくれませんでした。(もちろん私だけではなくW-ZERO3で初めてW-SIMを入手したユーザ全員のはずです)なぜなのでしょう?私だって通常はW-ZERO3を活用しつつ、出張でホテルに到着したらDDにW-SIMを差し替えてノートパソコンを使いたいのです。W-SIMとジャケットってそういう関係じゃなかったのでしょうか。

ウィルコムさんお願いです。DDにどのような理由があるのか知りませんが、もしDDがダメならばその他の新端末(!)でも構わないので私の願いを叶えてください。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2006年3月 1日 (水)

アップル純正スピーカとレザーケースのうがった見方

iPodを付属のUniversal Docにセット最近は直前に様々な噂が飛び交い、その度に一喜一憂するアップルの新製品発表ですが、今回はiPod用の純正スピーカとレザーケースが発表になりました。

まずは純正スピーカーであるiPod Hi-Fi

デカイですね :) 事前の噂でboom boxではないかなんて話も流れていたので、もう少しラジカセ風のデザインを想像していましたが、やはりアップル流のシンプルなデザインでした。単一電池6本でも動作するようですから屋外での使用も可能です。なんとなくその昔、MCハマーが型に巨大なラジカセを担いでいる姿を思い出してしまいました。販売価格は42,800円。サードパーティが販売するドック付きのスピーカシステムよりも高めの価格設定ですが、その分音もいいのでしょうか。気になるところです。しかしデカイ :)

あと同時にこれまたシンプルな革ケースも発表されました。こちらも価格が12,800円とのことで、これまた数あるiPodケースの中では高額な部類に入ると思います。

この2つのアップル純正iPodアクセサリの販売をもってサードパーティ製品への宣戦布告とは思いませんが、一般にアクセサリ商品は利益率の高い「おいしい」商品であることは間違いありません。本来は販売店に優しいアクセサリ商品(意味は深い)なのですが、アップル自身がこのような高級アクセサリのラインナップを今後も増やすようだと、うがった見方をせずにいられません。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »