« IE7ベータ2の削除方法 | トップページ | 祝! W-ZERO3購入 »

2006年2月 9日 (木)

Windows Server 2003でアクセス権のない共有フォルダを非表示にする

Windows Server 2003 SP1以降及びR2では、クライアントPCがサーバの共有フォルダを参照する際、そのユーザにアクセス権のない共有フォルダを非表示にするAPIが追加されている。ただし、追加されたのはAPIだけで(おそらく従来との互換性の問題で)この機能は無効になっている。

この機能はWindows Server 2003 Access-based Enumeration(ABE)と呼ばれ、この機能の有効/無効を変更するツールはMicrosoftから公開されている。

Windows Server 2003 Access-based Enumeration(ABE)

このツールの使い方については@ITにわかりやすい記事があったので、こちらを参照のこと :)

なお、従来から存在する、共有フォルダ名の最後に"$"をつけるテクニックは、全ユーザに対して共有フォルダが表示されなくなるだけ。

|

« IE7ベータ2の削除方法 | トップページ | 祝! W-ZERO3購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106247/8580788

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Server 2003でアクセス権のない共有フォルダを非表示にする:

« IE7ベータ2の削除方法 | トップページ | 祝! W-ZERO3購入 »