トップページ | 2006年1月 »

2005年12月22日 (木)

h2210のバッテリを買う

WillcomのW-ZERO3が欲しいんだけど、なんとなく躊躇してしまう。いつもThinkPad X40持ち歩いてるし、PDAでやりたいことはOutlookの予定表と連絡先の確認。キーボードはあれば便利だけど...。

そこで通販にて手持ちのHP iPAQ h2210のバッテリパックを入手。純正バッテリじゃないので不安があるけど、値段の安さに負けました。

リンク: Vis-a-Vis - PDA・モバイル・iPod関連オンラインショップ -.

久しぶりにh2210を復活させて様子をみてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

雪が降りそうだというのに

今晩フェリーで出発して、明日から長崎県諫早・雲仙方面にシステム納品のために出張です。

フェリーは朝5時に小倉に着きますが、雪や凍結による高速道路の通行止めが心配。
こういうときは(財)日本道路交通情報センターの道路情報が頼りなんだけど、なんと日曜の夜までメンテナンスのためにWeb(だけだと思う...)での情報更新がお休みらしい...。

天気のいい日にメンテナンスの日を変えてくれないかなぁ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W-ZERO3を買うべきか!?

WillcomのW-ZERO3を買うべきかどうか悩んでます。

 リンク: WILLCOM|「W-ZERO3」の販売状況について

確かに理想のPocket PCで、今まで何台もPDAを渡り歩いてきた者としては両手を挙げて喜ぶべき機器なのですが、正直PDAを使って私の本当にやりたいことはPIMなのです。Outlookと連絡先・予定が同期できれば十分で、ネットワークはノートPC持ち歩いているので、PDAでは「帯に短し」なんですよね。

といいつつも、年明けには購入しているかもしれません :-)

それとここだけの話ですが、某社は年末年始の休暇は電機メーカー業界トップクラスだという話を聞いたことがあります...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

祝 Microsoft SQL Server 2005/Visual Studio 2005日本語版 完成

Microsoft(R) SQL Server(TM) 2005およびMicrosoft Visual Studio(R) 2005日本語版、2月1日(水)に発売

日本語版が完成した模様です。パッケージ版の発売は2006年2月3日になるそうです。
MSDN会員は今日からダウンロード可能です。私もダウンロードしましたが、明日から出張のため、お楽しみは年末年始になりそうです...。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Outbound Port25 Blocking

自宅で契約しているISPでもOutbound Port25 Blocking(OP25B)が始まるようです。

メール送信にはSMTPというプロトコルが使われ、通常25番のポートが使用されます。
ISPでOP25Bが開始されると、ISPの回線に接続したコンピュータから発信される25番ポートを使う通信が遮断されるようになります。前述のように25番ポートはメールの送信に必須ですのでOP25Bは致命的ですが、ISPが許可したメールサーバへの通信は遮断されません。このISPが25番ポートからの送信を許可するメールサーバは、ISPが接続会員用に従来から提供されているSMTPサーバであることがほとんどであるため、ISPの指示通りにメールソフトの設定を行い、現在メールのやりとりをしている一般ユーザであればOP25Bが始まっても問題はありません。

ISPがOP25Bを始める理由はSPAMメール送信の遮断が目的です。SPAMメールを送信する人たちはISPのSMTPサーバを使わず、自前でメールサーバを立ち上げたり、第三者のメールサーバを巧みに利用して自分の存在を隠匿しています。ISPはこの行為を防ぐために25番ポートを遮断せざるを得ないのです。

ISPがOP25Bを開始するときはたいてい、サブミッションポートの提供も開始します。

出先等で自分の契約しているISPとは別のISPから、前者のISPで提供されたメールアドレスを使ってメールを送信したい場合、後者のISPでもOP25Bが施されているとメールが送信できなくなってしまいます。そこでサブミッションポートと呼ばれる、25番ポートとは別のポートへのメール送信をISP側が許可します。これにはポート番号587が使われることが多く、一般的にSMTP認証なども必要になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年1月 »